屋根・屋上工事|川崎市宮前区で外壁塗装・内装リフォームなら荒井塗装工業

屋根・屋上工事

SCROLL DOWN

ROOF PAINTING屋根塗装・屋根工事について

屋根塗装・屋根工事について

屋根は普段住んでいて、見ることはほとんどないという方も多いのではないでしょうか。そのため屋根塗装工事は、外壁を塗装する際に一緒に行われることが多いです。足場を組む必要があるため、1回で工事を済ますことができるメリットがあります。

また、屋根工事は葺き替えやカバー工法が行われます。台風後に屋根が破損してしまったり、雨漏り修繕、塗装ができない屋根の場合に屋根工事を行います。

屋根塗装を行う理由

屋根塗装は、そもそも外壁塗装を行う理由はなんでしょうか?主な目的は3つで、外壁塗装とほぼ同じ理由です。

美観性の向上

塗装を行うことで、見た目を綺麗にすることができます。築年数が経過するごとに屋根が劣化し汚れもつきます。屋根材に苔が生えてくることもあります。土などが雨樋に詰まってしまうこともあります。屋根の色を変えることで、お家の印象もガラッと変えることもできます。

防水性能の向上

屋根材は、工場塗装されています。この塗装は、屋根材を雨水から守る防水機能を有したものですが、太陽の紫外線により劣化するため再塗装が必要になります。屋根は、特に紫外線からのダメージが多く劣化が早いです。塗装が劣化し雨水を吸うようになると、屋根材は割れてしまいます。

その他機能の向上

塗料には、防汚、遮熱・断熱などの効果があるものもあります。屋根材に遮熱・断熱塗料を使うことで、室内が過ごしやすくなります。遮熱とは太陽熱を遮ることができる機能で、断熱とは室内温度が外気温からの影響を受けにくくなるものです。省エネ対策としても有用なものになります。

FLOW屋根塗装・屋根工事の工程

屋根塗装工事の工程

屋根塗装工事の工程は、以下のようになります。

足場仮設

近隣の方へのご挨拶も当社で行います。

高圧洗浄

屋根の汚れ、苔などを落とします。

養生

養生をしっかり行うことで仕上がりが綺麗になります。

下塗り

外壁のひび割れなどを補修します。

タスペーサー挿入

スレート屋根の場合に、塗装による雨漏りを防ぐために入れます。

中塗り

上塗り

一般的な塗料は3回塗りとなります。

足場解体、清掃

完了

屋根塗装工事だけであれば、6-10日間程度で終わります。屋根は見えない部分ですので、工事の様子を写真でお渡しすることもできます。

屋根葺き替え工事の工程

屋根塗装工事の工程は、以下のようになります。

足場仮設

近隣の方へのご挨拶も当社で行います。

既存屋根撤去

屋根の汚れ、苔などを落とします。

野地板

養生をしっかり行うことで仕上がりが綺麗になります。

ルーフィング

外壁のひび割れなどを補修します。

新規屋根材

スレート屋根の場合に、塗装による雨漏りを防ぐために入れます。

足場解体

完了

屋根葺き替え工事は、4-8日間で終わります

TYPE OF PAINT屋根の種類と塗装タイミング

スレート屋根

塗装目安7~10年

スレート屋根は、セメントが主成分の屋根材になります。軽量で丈夫なため、耐震性にも優れている建材です。

セメント瓦

塗装目安8~12年

セメント瓦は、セメントが主成分の瓦になります。重厚感がある瓦で、粘土瓦より安いですが再塗装が必要になります。

金属屋根

塗装目安7~20年

金属屋根は、金属の種類により塗装目安が変わります。ガルバリウム鋼板は約15~20年、トタン屋根は5~10年のうちに塗装が必要です。

粘土瓦

塗装目安なし

粘土瓦は、塗装が必要ない屋根です。ただし30年程度で、漆喰が劣化してくるためやり直しが必要になります。

MERIT屋根・屋上工事のメリット

屋根塗装、屋根工事のメリット

屋根塗装工事のメリットは、屋根材の劣化を防ぐことができます。塗装をせずに放置すると、屋根材が割れ、雨漏りの原因となってしまいます。屋根葺き替え工事よりも工事費用を抑えることができるため、定期的に塗装メンテナンスを行うことでトータルコストを下げることができます。

屋根葺き替え工事のメリットは、瓦屋根から軽い屋根材に変えたり、雨漏り修繕を行うことができます。

屋根カバー工事は、塗装不可の屋根材の場合に、既存の屋根材をそのままで、その上に新しい屋根材を葺く方法です。葺き替え工事より、コストを抑えることができるメリットがあります(カバー工法が可能な既存屋根材の種類は限られます)。

WORKS施工事例